4月24日は、日本結婚相談所連盟(IBJ)のオンライン定例会がありました。

IBJのオンラインによる定例会は、今回で2回目です。

1回目のオンライン定例会の時は、まだ私自身がZoomに慣れていなくて、試行錯誤の上やっと参加したのですが、本日2回目の定例会では、スムーズに参加できました。

というのも、葵良縁センターでは4/18よりZoomでのオンラインお見合いを導入し、既に8組のオンラインお見合いの調整と開催を経験したのでだいぶ慣れてきたわけです。

オンラインお見合いが主流になる?

対面のお見合いに勝るものはありませんが、コロナの収束を待ちつつ、これからはオンラインお見合いが主流になりそうです。

「Stay Home」の合言葉は耳慣れました。

お見合いだけではなく、なるべく外出しなくて済む方法を考え、工夫し、選択する時代です。

オンラインお見合いは、時代に合っている選択であることは間違いないようです。

対面のお見合いに勝るものはない

仲人は当初、オンラインでのお見合いに抵抗感を持っていました。

会って感じるお相手の雰囲気やフィーリングは、画面を通してでは理解できないと100%思っていたからです。

また、対面してこそ、「 お見合いは出会いの30秒で9割が決まる 」という葵良縁センターが掲げるコンセプトを、会員様が実感して頂けるものだと考えているのです。

とにかく、対面に勝るものはない。

しかし!

オンラインで定例会に参加したり、会員様とお話をする中で、オンラインお見合いに対する当初抱いていた固定観念が、徐々に崩れてきています。

画面を通してだって、ご本人の雰囲気は少なからず感じ取ることができることを体感しました。

語り方、笑顔、癖など、プロフィールでは知り得ないことを知ることができるのです。

仮交際への移行率は50%(IBJ直営店データより)

仮交際への移行率は、対面でのお見合いでは 41%だったのに対し、オンラインお見合いでは50%だそうです。

仮交際を希望する理由は…

・時間的に制限があったので「もう少し話をしてみたい」と感じたから。

・笑顔が可愛かったから。爽やかで感じがよかったから。

・自分に興味を持ってくれたから。

このように、仮交際を希望する理由は、対面のお見合いと変わりありません。

変わるって勇気が要る

「お見合い」は、どんなに時代が変わっても、AIが発達しようとも、対面して相性を確認する作業に変わりはありません。

昨今の「オンラインお見合い」が主流になるなど、誰も予想していなかったでしょう。

新型コロナウィルスの感染拡大防止のため、私たちは今、日常生活にたくさんの「変化」を求められています。

「Stay Home」から始まり、働き方、学び方、そして人との接し方、何もかもが変わってしまった。

その一つ一つの「変化」に、「変わる勇気」を伴って。

オンラインお見合いは、強制したり推奨したりするものではありません。

でも、「変わる勇気」を持って臨んでみたら、案外素敵なご縁があるかもよ。

そういえば、「結婚」という人生の最大イベントも、生活スタイルを大きく「変化」させる、それこそ「変わる勇気」が必要な大仕事ですね。

葵良縁センターでも、オンラインお見合いをご希望の会員様には、Zoomのご説明やシミュレーションを丁寧にさせて頂いております。

婚活、がんばろうねっ。

婚活するなら葵良縁センター千葉