前回のコラムでご報告した、葵良縁センター千葉の30代ミドルの女性のご成婚退会。

この日の葵良縁センター千葉は、お相手の男性も交え、賑やかで楽しいお祝いの席となりました。

恒例のご成婚アンケートにお答えいただきましたが、未来の夫君にも素敵なエピソードを頂戴いたしました。ありがとうございます。

葵良縁センター千葉をお選び頂いた理由

未来の妻:兄が私の「結婚」を心配し、信頼できそうな結婚相談所を探してくれたのがきっかけです。

「葵良縁センターに行ってごらん」と兄に言われ、素直に平山さんたちに会いにここに来て、色々な話をお聞きして婚活する勇気が湧いて、後日入会をしました。

兄はホームページで葵良縁センターを選んだみたいです。

活動中のお悩みや苦労はありましたか?

彼女が「う~ん」と考えているとき、代わりに未来の夫君がご自身の体験をお話してくださいました。

未来の夫:僕の場合、お見合いの申込みをしても「無回答」のままの状況にとても悩みました。

「お見合いOK」でも「ごめんなさい(不成立)」でもない、「無回答」のままというのは、まるで相手にもされていない、言わば無視されているような気持ちになって、「なんでなんだろうなぁ」って悩んじゃってましたよ。」

お悩みや苦労は解決されましたか?

未来の夫:会ったこともない相手に、「会ってくれる気があるのか、ないのか!」と、回答を迫ることもできないし、そんなことに「なんでなんだろう」と思い悩むこと自体が無駄なことに、やがて気づくようになりました。

でも、そんな風に自分が悩んでしまったからこそ、僕にお見合いを申し込んでくれた女性には、必ず『お見合いOK』か『ごめんなさい(不成立)』の回答を早めにしましたよ。

それが、会わない相手であっても、礼儀だと思いますから。僕は。

(さすが男気溢れる回答です!)

婚活のモチベーションを保つために心掛けたことは?

未来の妻:お見合いの時にお話が弾み、雰囲気もよく、「いい人だな、是非もう一度お会いしたい。」と交際希望を申し出たのにお断りされた時や、前向きに交際していたつもりなのにお相手から終了を告げられた時には、やっぱりとても落ち込みました。

婚活に対するモチベーションがすごく下がったけど、そういう時は、静かなところで自分の気持ちと向き合って自分の気持ちを整理したというか…。

お相手の気持ちを変えることはできないから、諦めるしかない、しょうがないんだと自分に言い聞かせて、「次に行こう!」って自分を励ましてました。

お相手との結婚の決め手は?

未来の妻:私は、身体に先天性の問題があります。

彼と交際中、そのことを言い出すのはとても勇気が要りました。

彼に不安に思っていることを伝えた時、「大丈夫だよ」って受け入れてくれたことが私の結婚の決め手です。

とても嬉しかった。

未来の夫:僕はね、お見合いのその日に、彼女と結婚したい!って思ったんです。もう感覚でしかないんですけど。

だから、お見合いの報告を自分の仲人さんにした時、「僕は今日お見合いした彼女と成婚退会したいと思います。もう、他の女性とはお見合いしませんから」って伝えたんです。

仲人さん、仰天してましたけど、僕は素直に根拠なくそう感じたんです。お見合い後、彼女と交際になって本当に嬉しかった。(笑)

彼女は、作り笑いとか、愛想笑いをしない女性なんです。

お見合いは、よそ行きの格好で、よそ行きの笑顔で臨むのが普通じゃないですか。でも、それじゃ本心は分からない。

でも彼女は、本当に嬉しい時とか楽しい時に、本物のすごい魅力的な笑顔を見せてくれるんです。僕の結婚相手の理想は、そういった女性だったんです。

彼女の身体の問題は、僕自身、なんとなく気づいていて交際していたし、問題ありませんでした。

仲人とのエピソードを一つ

未来の妻:平山さんは、いつも婚活する私を気にかけてくれていました。

私のことを気にしてくれていたことが、平山さんとのエピソードです。

婚活中の皆様へのメッセージは?

未来の妻:やっぱり、諦めないことだと思います。それに尽きます!

お見合いの席で見初められた彼女は、自分自身を主張するより周囲を気遣う控えめで優しい女性です。

男気溢れる未来の夫君に大切にされながら、末永く幸せになってね。

ご結婚、本当に本当におめでとうございます。

婚活するなら葵良縁センター千葉