成婚実績

「上手くいかなかった婚活があってのご成婚」H様(33歳男性:初婚)

クリックでタップで大きいサイズをご覧いただけます。

プロフィール

IT企業にお勤めの彼は、真面目で誠実。ソフトな印象の反面、硬派な一面を持つ穏やかで優しい方です。
実は彼、過去に2年ほど別の結婚相談所で婚活をしていらっしゃいました。
そして新たに葵良縁センターで婚活を再開後、お一人目のお見合い相手とご成婚が決まりました。
 
同じ年の彼女は、子ども好きで面倒見のいいチャーミングな女性。彼と同様、少しシャイな純真で真面目な方です。

成婚退会:2020年夏

  • 環境を変えたら婚活の風向きが変わった

    彼のこれまでの仲人さんは、男性でした。
    だから今度は、女性の仲人さんに婚活の伴走をして貰い、
    自分自身の気持ちも切り替えることによって、活動の風向きが変わることを期待したのです。

    葵良縁センターで婚活を再開して早々、ご成婚相手となった彼女が彼にお申込をしてくれました。
    住まいも近く、年齢が近いお二人は、お見合いの席でとてもお話が弾んだようです。

    仮交際が始まって1か月を過ぎた頃、彼の中に不安なことが芽生えました。
    2年婚活していたとはいえ、こんなに上手く交際を続けられたのは初めてですから、
    「このまま順調に交際を進められるのか?」と、ふと臆病になったのです。当然ですね。

    彼が不安に感じている事や、過去に失敗した仮交際がいかにトラウマになっているか等を語って頂き、
    そしてこれからどんな風に交際を進めていったらいいか等、仲人共に作戦会議を重ねました。

  • 女性からデートを誘うと男性は安心する?

    最初のデートを終え、次のデートをお誘いしたのは彼女の方です。
    「会社帰りにご飯をご一緒しませんか?」と誘ってくれたのです。

    これまでの彼の婚活では、「男性からデートを誘われるまで待つ」という受け身の女性ばかりでしたから、
    彼女が2回目のデートを提案してくれた時は大変衝撃的だったと言います。
    そして彼は、彼女が前向きに交際してくれていることを有難く感じると共に、
    自分に自信を持つことが出来、失敗を恐れず安心してアプローチできるきっかけになったのです。

  • 婚活デートは予約が必須ではない

    一般的に、婚活デートではお店の予約が必須とも言われていますが、実はそうとも限りません。

    お二人は、駅の改札口でお待ち合わせをし、ブラブラと歩きながらのデートを重ねました。
    お店を見て回ったり、夜風にあたったり、アイスクリームを食べながら他愛のない会話をしたり。

    そして「お腹が空いたね」のどちらかの合図で、空いているレストランをまたブラブラと歩いて探したのです。

    予約をしたレストランでデートをすることが目的ではなく、「二人でいること」が目的なのです。
    この時から、まるで夫婦みたいですね。

    予約などせずブラブラと歩くデートが出来るカップルは、結婚のご縁に繋がりやすいです。

  • 緊急事態宣言中のLINEは気持ちの支え

    あろうことか緊急事態宣言が発令され、お二人はしばらく会えなくなりました。
    「会わないことがお互いのため」という常識と、「会えない状況だけど会いたい」と
    いう空しい感情が入り交じり、葛藤は長く続きました。

    想いを伝え合う手段は、LINEと電話。
    今日の出来事やコロナウィルスの感染拡大で不安に思うことなどを語り、励まし合ったと言います。
    結果、会わずとも毎日のやり取りは、やがてお二人の距離を更に縮めることになりました。
    やがて、独りぼっちではなく、パートナーがいてくれることの心強さや安心感をお二人が認識し、
    結婚への気持ちを固めることに繋がったのです。

最後に

代表 平山智子
代表平山智子

ご成婚、おめでとうございます。

上手くいかなかった2年の婚活があったからこそ、お幸せを手になさったと思っております。
彼女が真摯に向き合ってくれた気持ちは、過去にあった仮交際と比較してこそ
大切に考えることが出来たのだと思うのです。

また、コロナの問題により仮交際期間が少し長引きましたが、
繋がるご縁はきちんと繋がるのだと、仲人としても再認識したご縁でした。

このご縁を大切に、末永くいつまでもお幸せに。

葵良縁センター千葉の無料カウンセリングの
ご予約はこちら

お急ぎなら
お電話で

043-238-0070

受付時間 10:00〜19:00(水・木定休)

カンタンWEB予約

トップに戻る