新型コロナウィルスの感染拡大が心配される今日この頃です。

テレビをつければ、新型コロナウィルスの話題が持ちきりで、恐怖と不安に駆られ、つい気持ちも暗くなりがちですね。

そんな折、葵良縁センターの30代ミドル男性が、今週末に真剣交際へコマを進めたいと連絡をくださいました。

一筋の光のような明るいニュースに、仲人は飛び上がるほど嬉しい!

お相手の女性も、同じ千葉県内。

2月にお見合いで「運命の出会い」を果たし、約2か月の交際を経ての真剣交際です。

仕事の都合や外出自粛の要請で、2週に1回のデートのこともありましたが、会える時はもっぱらドライブデートとお喋りを楽しみ、会えない時も「君を思い出しているよ」の精神でLINEで連絡を取り合い、お二人はどんどん距離を縮めてきました。

新型コロナウィルスの感染拡大が進む中、週末に彼女が外出することを、同居なさっているご家族はきっと心配なさっていたことでしょう。

だから真剣交際を機に、彼は彼女のご家族に「結婚を前提としてのお付き合いをさせて頂いている」旨、キチンと報告したいご意向です。

本当に、誠実で優しいですね。

「結婚」はお二人だけの問題ではなく、家同士、家族同士の大切な繋がりでもあります。お相手のご家族にも優しい気持ちを持てたなら、ご縁は本物だと思うのです。

人類は、目に見えない新型ウィルスとの闘いを強いられているけれど、こんな時だからこそ、互いに支え合えるパートナーの存在とか、「結婚」とか「家族」の意味は大きいと感じます。

「新型コロナウィルス感染拡大」は、お二人が共に乗り越える最初の困難かも。

寄り添いながら、気遣いながら、いい夫婦になれるといいねっ。

「真剣交際」の次は、いよいよ「プロポーズ」です。

新型コロナに負けず、頑張って行こう!

婚活するなら葵良縁センター千葉