結婚相談所葵良縁センター千葉の仲人奮闘記

ご成婚に至るまでの数々のドラマ
ご入会からご成婚に至るまで、ひとにはそれぞれのドラマあります。ここにご成婚された方の一例を綴ってみました。

  1. まさかのご快諾・・・
  2. 夢と希望叶えた瞬間・・・
  3. ご成婚物語・・・
  4. 女はつよし・・・
  5. 素直なお見合い・・・
  6. お見合いは根気で願えば叶う??
  7. こだわりの結婚・・・
  8. 可能性にかける婚活・・・
  9. 仲人のつぶやき・・
  10. 熟年結婚に・・・乾杯!!
  11. お見合い出来るなんて・・
  12. お嬢様・・タイプ志向って危険かも・・

まさかのご快諾・・・

公務員・お子様お二人(未婚)・両親同居・容姿・年収はごく普通・・・
56歳再婚の男性(Y君)が入会面接に訪れました。大変難しい相談でありました。が 私共では、お見合いの保証・結婚の保証はしておりません。非常に難しい条件である事を説明しました。ただ残されている事は、「結婚の可能性にかける事はできます・・。」と説明しました。

ところが、「僕は、一生独身は寂しいので、可能性にかけてみます。・・」と即ご入会の手続きをお願いされました。即日入会はお受けしておりませんが、余りの熱心さに即入会の手続きし写真撮影し、プロフィールを作成し、この日のお申し込みは10名を祈る気持ちでお申し込みをしました。

ところが、奇跡・・・6名のお相手から、まさか・・のご快諾の連絡が入りました。信じられない気持ちと、嬉しさで頭が真っ白になってしまいました。さすがのY君も嬉しさは隠しきれない様子で・・・有り難い、この6名の内の一人の方と結婚を決めたい・・・と願い、只今お見合い奮闘中です。

Y君からは、誠実に結婚を熱望しているのであれば、可能性を現実のものになる事を多く学びました。
Y君頑張れ・・・。

夢と希望叶えた瞬間・・・

M君 36歳 国大卒 会社員
両親共々事務所に来所されたのは今年の春でした。聞くところによりますと、大手相談所に2年間在籍。お見合い歴ゼロ・・お母様が心配の余り、私共のホームページを観てお二人でお越しくださいました。容姿も普通ですし、学歴も申し分ないのに何故・・・もしかして年収が平均年収よりかなり低かったので難しかったのかもと感じました。

早速、入会に必要な説明をし、「私共では、お見合い 結婚の保証は出来ない」事を説明した上での回答が、「年収が低いから駄目だと思いますが、可能性に掛けたいので1年間だけでも是非お世話して頂きたい」とのお願いで即入会されました。

早速、写真撮影をし、プロフィールをその場で作成、20人の方にお申し込みをしました。ところが、有効期限2週間過ぎても快諾の連絡は一人もなし・・・。更に、40名の方に追加お申し込みをしました。その間すでに2ヶ月が経過しましたが、待望の一人の方から快諾の連絡が入りました。

M君は大喜び・・「有り難い・・頑張ります」・・・ところが・・・見事に失敗・・M君は失敗の理由を知りたい・・との事でしたので、お相手の相談室に聞きましたら、お見合い時、お互いの会話に火花が散ったとか・・。

早速、M君を事務所に呼んで、1時間猛烈にお見合い成功術の特訓を行いました。それから、再度20名のお申し込み・・・、幸いに3名の方から快諾の連絡がはいりました。M君は気合が入り今度こそと・・アドヴァイスを素直に受け止め、行動に移す事が出来たのです。お見合いは見事に成功、交際に入り4回目のデートでプロポーズ・・「喜んでお受けします」のお返天にも登る喜びで結婚の報告をその場で受けました。

この間僅か40日・・M君「最後まで諦めないで良かった」と、彼女を連れて自慢げに紹介してくれた時の潤んだ瞳が、何故か輝いてみえました。彼女はM君の素直な性格に魅力を感じたとか・・・。ご入会後、僅か4ヶ月で夢と希望を手にいれたM君に幸多かれ・・幾久しく愛を育んで素敵な家庭を築いてくださいと・・エールを送りました。おめでとう。

ご成婚物語・・・

Y君40歳大卒・M子さん30歳
Y君が入会されて1年数ヶ月・・・年齢差は絶対譲歩できないと一所懸命に高学歴、超美人さんにお申し込みする事1年数ヶ月・・・。幸運にもお相手から快諾頂き、お見合いは毎月していました。

しかし、お相手が是非とも交際をと希望されても、「ちょっと違うかなぁ・・」でお断りの連続でした。過去のお見合い数えてみましたら30名を越えていました。二度とない素敵なお嬢さんとの出会いがあるのに、彼は何故チャンスを真剣に考えて下さらないのか、事務所に呼んで沢山のアドバイスをしました。

その後またも素敵なお嬢さんから快諾頂き、「これが最後のお見合いと思って真剣に頑張って欲しい」と尻を叩きお見合いに・・・。ところが出会った瞬間「この人を探していたんだ・・・」と直感したそうです。初めての交際。そして結婚・・本当に私共は嬉しかったです。

女はつよし・・・

Y君42歳 容姿抜群 大卒で超一流企業勤務 両親亡 資産大 同居なし・・・
非の打ち所が無い程の好青年。(今時のイケメン????)彼が入会されて2年余り・・・何故これ程の好条件の男性が、ご成婚に至る迄時間がかかったのか・・昨年の過去を振り返ってみました。お見合いする事36回・・交際に入るものの優柔不断で決断する事ができません。

どんなに背中を押しても、いつも「NG」でした。37人目のお見合い・・・何時もと同じパターンで・・お互いに交際希望・・連絡先の交換・・そして、交際が始まって1ヶ月余り経った時のある日。

「交際状況は如何ですか・・・??」

彼:「順調です。ここ2回ばかりホテルで食事して、ラウンジでお茶して・・・帰りは彼女が駅まで送ってくれるんですよ。それでね・・2回とも最終電車に乗り遅れてタクシーで帰宅の始末なんです。(笑)」

「あらら・・お熱いことで・・彼女を泣かせない様に本気度100%でお願いね。」

彼:「もちろんですよ。デートの時は、何時も手を繋いで、散歩したり、ウインドーショッピングしたり、横浜の中華街にいったり、仲良くお付き合いしているから大丈夫ですよ。こんどこそ、心配しないでください。」

正直 ホットしました。交際3ヶ月目のある朝、9時頃でしたでしょうか、彼から電話が入りました。

「あのぅぅぅ・・・お断りお願いします。」・・・の旨でした。
「はっ・・絶句・・・」またも自分の耳を疑いました。

豊富な会員数で理想の相手選びをサポートします。この間、彼には「夢と現実との違い・・何時もながらのアドバイスを延々と説得しましたが、聞き入れてくれませんでした。私は、電話を保留し早速彼女の相談室長にお断わりの連絡をしました。が 室長は「お受けできません。」・・・

「本人同士でお願いします・・」と冷たい御返事・・・・この時ばかりは室長に[助けて欲しい]と心の叫びの精神で一杯でした。彼にお断わりは受けて頂けない旨を伝えつつ、彼との電話は延々と続きました・・・。

「お断わりの理由は???・・・」

彼:「うぅぅん・・何となく・・特に理由はないけど・・」と気の無い会話の最中・・・に、彼の家の玄関のブザーが鳴りました。

彼は直感的に「もしかして彼女かも・・??? 彼女だったらどうしょうかなぁ~・・・どうしょう・・」彼はドアを開けるか、その儘帰るのを待つか・・迷いに迷った挙句、ドアーを開けた瞬間、彼はびっくり・・予感的中、彼女でした。彼女は、「お断わりしないでください。」と、涙ながらに彼の足元にしがみつき離れなかったそうです。

彼は彼女の情熱さに感激 結婚を決断、その日の夕方「いろいろ話し合った結果 結婚する事になりました。」と報告があり、翌日、お二人で照れながらのご成婚退会 翌月結婚式。のスピード結婚になりました。ワンランク上の上質な出会いを提供していますそして、今年はベビー誕生のお知らせ・・・室長も彼女も本当に根気良く、優柔不断な彼を助けてくれた気持ちで感謝一杯です。

今どきの若者は、自分から本音で求愛できない男性が急増中の様に感じました。これからの結婚は、男性の方から彼女の様に積極的にリードして、本音を素直に伝えていかないと、ご縁を逃してしまう時代が来ている様に痛切に感じている今日この頃です。

ちなみに、如何にして彼の家を知ったのか・・住所も教えていないのに・・これには驚き・・Googleで検索して遥か数十キロ離れた距離から彼の家を探し求めて来たそうです。感激です。男性諸君・・・本当に結婚を熱望しているのであれば、この彼女の様に勇気を持つ度胸が必要です。本気度100%で求愛出来ない王子様はNGです。

素直なお見合い・・・

M子さんが入会されたのは昨年10月でした。
35歳、大人しく消極的で、それでいて、古風な考え方の女性と受け止めました。今時珍しく異性との交際歴全くなかったそうです。これでお見合いができるのかしら・・と一瞬心配になりましたが、お受けした以上は何が何でも結婚させなければと・・・。

早速、プロフイールを作成、検索してお相手を選んで頂こうと勧めたのですが、「私から選ぶなんて・お相手に失礼ですから、お申し込み受けるまで待ちます・・」とのお返事・・・幸いに2名の方からお申し込みが入り、その旨伝えましたら[喜んでお受けさせて頂きます。」でありました。

「お申し込をお受けした場合、お断りも出来ますから、必ずしもお会いしなくてもよろしいんですよ。」と指導しましたら、「お相手に失礼になりますからお断りしません。」で早速お見合い日程の設定をしました。

初めてのお見合い・・異性との交際歴が無いM子さん。付き添い無しでは到底お見合いも進行が難しいのではないかとの想いから付き添いしました。M子さんはお約束の時間より30分早く到着、Y君を見つけると人柄が変わった様に「私の為にお疲れのところお越し下さりありがとうございました。」にはびっくり・・5分ほどで私は退席しました。

後で分かった事ですが、2時間の会話も無言の空間も無く、お別れの時「私と交際して頂けませんか」と直談判・Y君、慌てて「よろしくお願いします。」で翌日Y君の相談室から、交際希望の連絡を受けました。

早速、交際に入って1ヶ月後M子さんは「私と結婚して頂けませんか」の逆プロポーズ。Y君も考える暇も無く「喜んで・・」で目出度く1月にお二人お揃いで成婚退会しました。

お見合いの重要ポイントもアドバイス
お見合いは、自分の本当の気持ちを素直にお相手に伝える事が必要と感じM子さんからは数ヶ月の間沢山の事柄を学ばせていただきました。振り向いたら・・・が スピード結婚に・・・

彼は48歳初婚、一流大学卒業。 結婚が人生の全てではないと48年間独身を通してきましたが、50歳も手の届く年齢を感じた時、やはり人生にはパートナーが必要と感じたそうです。

「間に合いますか・・」と、照れながらの ご入会でした。可能性にかけましょう・・・と一所懸命に理想のお相手にお申し込みをしました結果、14名の方との出会いに恵まれましたが、意に叶いませんでした。「結婚は無理かも・・・」と消極的になっていた頃、一人の女性との出会いにまたも恵まれました。

ホテルのロビーで約束の時間に待っていたのですが、お相手が見つからず、「帰ろうかなぁ」と思っていたその時、肩を二回叩かれて振り向いた瞬間、この人こそ理想のお相手と直感・・・お見合いが済んでからの報告に「この人に決めました・・・」で1ヶ月足らずのご成婚でした。ご成婚退会時は、笑顔・・・笑顔で「感謝しています・・」の目が潤んでみえました。

お見合いは根気で願えば叶う??

Y君 30代 男性 高卒 公務員
髪は殆ど御座いませんが、お人柄は抜群・・穏やかで優しく、夫にするには是非推薦したいY君。素敵な心美男・・・。ところが、入会して2年余り、一生懸命お申し込みしても、良いお返事が参りません。余りに気の毒なので、私もプロフィール持参でお見合い相手探しに幾千里・・。それでも、ご承諾のお返事がいただけませんでした。

人は見かけだけで、お相手を選ぶ傾向に痛いほど実感し苦労していた矢先、お二人のお相手から、ご入会後初めてのお申し込みが入りました。彼は、続けてお二人からのお申し込みを受けた事が信じられなく「世の中お祭りでも起こったの・・・」(笑)と嬉しい悲鳴・・。

初めてのお見合い。そして、初めてのお見合い・・・見事に失敗。お相手にお断わりの理由を聞きましたら「1時間30分の間、尋問ラッシュで疲れてしまった」とか・・当然ですよね。お見合いは尋問の場所ではありません。彼は反省しきり・・。

翌日早速、本人を事務所に呼び、10日後のお見合いを成功せる為に、猛特訓・・。そして、二人目のお見合い、素直に教えを守り今度は待望の「交際希望」の良いお返事を頂きました。彼は天にも昇る嬉しさで・・「がんばります」と連絡が入りました。

その後お相手から、「今までに学歴の高い男性とお会いしましたが、こんなに優しい素敵な男性は初めてお会いしました。」と嬉しい連絡が入りました。彼もこのご報告に大満足・・笑顔が消えません。これからの交際が結婚に繋がる様に再度のアドバイスをして、次回のデートのお約束をしていただきました。

結婚するには根気と情熱と決して諦めない姿勢が大切
結婚したい・・願いを叶えるには、根気と情熱と決して諦めない姿勢が大切です。Y君も次回のデートに心ワクワクとのご連絡に共にうれしく思いました。
このご縁が結婚に繋がります様に・・・Y君がんばれ・・・。続く・・。

こだわりの結婚・・・

38歳男性 M様 公務員 身長160cm
彼は、2度程サロンに足を運ばれ、説明を聞かれ、良く考えた末のご入会でした。3度目の来室でご入会の手続き・・・。お人柄も良さそうでしたが、いまいち身長が・・・???大丈夫かしら・・と、内心責任を感じていた矢先・・

開口一番・・ 「あのぅ・・僕の結婚相手に譲れないこだわりがあります。」
はっ。どの様な事でしょうか??
彼・・「国家資格のある方希望です。」
はぃ・  例えば・・・???
彼・・「薬剤師さん以外は希望していません。」
はぁっ・・薬剤師さんでなくても、素敵なお嬢様が沢山登録されていますので、ご覧になってみては・・・。
彼・・「いぇ。結構です。薬剤師さんのみプロフィール見せてください。」

彼は、どうしても薬剤師さん以外は譲れないようでした。・・しかし、お受けした以上は叶える事が使命であると考え必死で探し、1ヶ月後にやっとお見合いが成立、運よく交際に至りました。しかし、希望は大きくても、交際の方法がいまいちで、2回のデートでお断わりを受けてしまい、結婚には至りませんでした。その後、彼をサロンに呼び、お見合い成功・・交際の成功術の指導を猛特訓・・・。

しかし、その後何人ものお申込をしても、お相手からお見合いの承諾を頂けず苦労をしてしまいました。そんな時、執念実って30代前半の、素敵な薬剤師さんからお見合いの承諾を頂ました。

その間、6ヶ月・・。
今度こそは、失敗は許されない、との彼の思いが有ったのか、もう一度、上手にお見合いが成功する方法を、教えてくださいと連絡があり、再度祈る思いで徹底的に指導しました。そして、お見合い・・・

彼・・「素敵なお嬢さんでした。是非交際したい旨伝えてください。」
彼の執念が実ったのか、お相手からも交際希望の良いお返事が届きついに交際・・・。

お見合いが成功する方法
8回のデートを重ねたある日、彼から一通のメールが届きした。「プロポーズしたい・・・。」早速、プロポーズ成功の指導をしました。

彼・・「今日は彼女とデートです。勇気を出して、プロポーズして来ます。」と勢いよく連絡が入りました。

ところが、その夜・・
彼・・「平山さん・・すみません。どうしても怖くてプロポーズ出来ませんでした」カウンセラーとしては、残念 無念・・・。

次回はドライブにお誘いし、チャンスを見つけて、今度こそ、自信と勇気を出して頑張って欲しいとアドバイスいたしました。そして、再度のプロポースに挑戦・・・

彼・・「すみません。今日もプロポーズ怖くて言えませんでした。意気地がなくてすみません・・」
なんとも、ガッカリ・・・。

次回は、「ご自分に自信を持って、堂々とプロポースしてごらんなさい。」と指導しました。
三度目の正直・・・

彼・・「やっと、プロポーズ言えました。彼女は笑顔で受けて下さいました」と、サロンに来てくださり、やっとの思いで念願かなった様子・・
彼らしい笑顔が戻りました。それからは、トントン拍子・・・翌週、成婚退会手続きにお二人でお越しくださいました。 素敵なお嬢さんでした。

その時、彼女は・・「30代ともなりますと、用心深くなりますが、彼の無邪気さに惹かれました。自分も少なからず焦りもあり、色々な条件を考えると、心配事はつきませんでしたが、彼の優しさ・・さりげない心遣いや温かさに、これからの人生二人で心を一つにして、頑張れると考えましたので・・」と仰ってくださいました。プロポーズに挑戦その笑顔は素敵でした。

弱気な彼を、ここまで理解してくださった事に心から感謝し、カウンセラーとしては、最高の喜びを感じ胸が熱くなりました。希望は諦めないで執念で頑張れば、実るものなんですね。永久に幸あれ・・。

可能性にかける婚活・・・

35歳 男性Y君 国立大学卒業 会社員
Y君が初めてサロンに訪れたのは、新年早々・・・。「入会の説明をしてください」との事で、詳細を説明している途中に・・Y君「あのぅ・。結婚には年収も基準と言うか、結婚の条件にはいりますか??」

はぃ。勿論年齢にみあった安定した年収は、ある程度必要ですが・・。
Y君「僕の年収は 2百数十万円なんです。」
はっ。国立大学卒業していますよね。年齢も35歳ですし・・???自分の耳を疑いました。
Y君「はい。僕は好きな仕事をしていたいので・・・年収は、10年間ずっと昇給していないんです。」

と、満足そうに仰っておりましたが、これにはまいりました。仮に・・お受けした時、果たしてお見合いが組めるのだろうか・・と、数々の心配事が脳裏を走りました。もし、お受けしてご紹介出来なかったらどうしょう・・結婚させられなかったらどうしょう・・

100%の方に結婚をさせてあげたい・・、結婚させる事が仲人平山の理念であり使命と考えておりますから、少々自信を失い消極的になってしまいました。Y君に・・そうですか。結婚相談所は、お見合いのお約束、結婚のお約束をするところではありません。ですので、もう一度、お帰りになって良く考えてから、ご入会を検討した方が良いと思いますが・・。と、やんわりと納得させて、その日はお帰りいただきました。

ところが、一週間後にまたカウンセリングして欲しいと連絡がはいりました。勿論、カウンセリングはお受けしました。お越し頂きました時はお互いの目を合わせ・・・

「Y君の結婚は難しいです。」と正直にお話しました。
Y君「それは、充分判った上で、お願いに参りました。」等々・・その間、約一時間余り・・
Y君「良く考えてどうしても入会したいと思った時は、よろしくお願いします。」

その言葉を残して、サロンを後にしました。そして、2月上旬Y君が再度お越し下さいました。Y君「いろいろ考えましたが、何もしないで後悔するよりは、可能性にかけてみたいんです。

納得のいく後悔をしたいんです。 是非入会して活動させてください。」
うぅぅむ・・。

此処で仲人は考えました。
しばし沈黙・・待てぇ・・Y君に平山流の三原則をみつけられるかと・・。探しました。

Y君の長所・・
1、頭脳明晰
2、長 身
3、お人柄抜群

あった・・3つの長所が見つかった・・。何とかなりそう・・・。二人で頑張れば何とかなるかも・・の思いでY君の情熱に負けて、とうとう入会の手続きにはいりました。すぐにサロンで写真撮影して、その日に登録完了・・・Y君の笑顔が出たのは、この時が初めてでした。

早速、お相手選び・・・猛ダッシュ。祈るおもいで10名のお相手にお申込をしました。一週間が経っても承諾の連絡がない・・そして、更に有効期限2週間ギリギリのある日、Y君は承諾頂けないとの思ったのか、再度お相手を閲覧する為にサロンにお越しくださいました。

Y君に「入会した以上は、結婚出来るまで諦めないで、二人で頑張りましょうね。」と励ましていたその時、一人のお相手からお見合い承諾の連絡がはいりました。嬉しかったです。本当に嬉しかったです。早速、日程の調整にはいり、婚活開始から待ち望んでいた初めてのお見合いが現実のものになりました。

Y君頑張って・・の祈りをこめて・・一週間後の日曜日・・お見合い実行・・。結果、お互いに交際希望が叶い交際にはいりました。お見事・・

しかし、3回のデートで交際お断わりの連絡がはいり、結婚には至りませんでした。次回のお見合いの参考にする為、お相手からのお断わりの理由を良く確認して、Y君にサロンへお越し頂き、お見合い成功術・交際成功術の指導をしました。Y君は、とっても素直でしたので、指導の通り完璧にマスターしたようです。

そして、翌月の3月・・再度、10名のお相手選び・・そして、一人のお相手から、またもご承諾の連絡が入りました。Y君にっこり・・・。「こんどこそ、全力でがんばります。」

再度失敗しない様に・・・徹底的に指導・・2回目のお見合い当日、サロンに呼びY君に、「このお見合いに失敗したら、あとは無いかも・・」と、ばかり・・あのてこのて・・・の手解き。

交際成功術の指導
Y君は、嬉しそうに颯爽とお待ち合わせ場所に出かけました。

挑戦・・またも成功・・・
お見合いが終了した当日、お相手からも交際承諾の連絡が届き、交際すること2ヶ月余り・・デートを重ねた結果、お互いの愛を確認したのか、5月の初旬、Y君から連絡がはいりました。

Y君[仲人さん、今日○○さんにプロポースしました。」
はっ。それでお返事は・・・
Y君「承諾いただきました。嬉しいです。」

Y君も必死で頑張った努力の末の結果だと、沢山褒めてあげました。そして、成婚届けにお二人でお越しくださいました。小柄で、とっても笑顔の素敵なお嬢さんでした。「Y君の年収がいま一ですが、本当に婚約してもよろしいんですか??と、確認しましたところ・・。「大丈夫です。微力ながら支えさせて頂きます。」

この、お嬢さんの言葉に、胸がジーンとして、しばし言葉を失いました。ご結婚へ向けて猛ダッシュ有難う・・。「沢山の至らぬ事柄があると思いますが、Y君を末永くよろしくお願いします。」

仲人からの精一杯の、感謝とお願いの言葉でした。それからはトントン拍子・・7月に挙式 幸せそうなお二人のお写真が届きました。更に、ご家族からは、「お願いしてから約6か月。こんなに早く結婚出来るとは・・」と涙ながらのお手紙を頂戴しました。

結婚は、ご本人の積極さと情熱が必要と更に教えられました。こうなると、仲人も益々自信が沸いてきて、仲人が辞められない心境でございます。頑張ります。Y君 永久に幸あれ・・・

仲人のつぶやき・・

30代後半 大卒  S子さん
日没の頃、一本の電話がなりました。S子さん「突然ですみませんが、これから伺ってもよろしいでしょうか?」

はい。結構です。サロンの場所はお分かりでしょうか。

S子さん「はぃ。インターネットで検索して、地図は印刷して今手に持っています。JR西千葉駅から、徒歩 2、3分ですよね。」
はぃ。そうです。大丈夫ですか??迷子になりましたらご連絡ください。誘導させて頂きますので・・
S子さん「はい。有難うございます。お邪魔させて頂きます。」

待つこと30分位・・・ドァーをノック・どうぞ・・と、開けた途端・・初対面にもかかわらず、素敵な笑顔で・・・

S子さん「○○○子と申します。」
初めまして・・仲人でございます。

そして・・・ソファーに案内し、さぁ面談・・と思っていた矢先に・・

S子さん「私、結婚急いでいるんです。心境としては、今日すぐにでも決めたいんです。」
はぁっ。どうして、そんなに急ぐんですか??急がなくてはいけない理由は・・・。
S子さん「お借りしているマンションの期限が切れてしまうんです。再契約するよりは、結婚して身を固めた方が良いと考えて・・・それに、子供も欲しいし・・・」

うぅぅぅむ。

事情は良く理解は出来ますが、今日の今日(笑)・・お相手を決める事は不可能です。30数年独身で頑張って来たのですから、最低でも4ヶ月以上6ケ月のお時間は猶予して頂かないと無理です。
S子さん

「6ケ月かぁ・・少し長いなぁ・・そんなに時間が必要なんですか?契約期限が切れてしまいそう・・。」

そうです、最短でも4ケ月~6ケ月の御時間を頂かないと、結婚は誰でも良い訳ではないし、あなたにも希望条件があるでしょうから・・・。何れにしましても、ご入会の詳細をこれら説明させて頂きます。と言いましたら・・・。

S子さん「いいんです。今日すぐに入会して活動したいんです。時間がないんです。入会手続きが済んでからお願いします。」S子さんに言いました。結婚には、お互いに条件がございます。家柄のつりあいも結婚の条件のひとつなんです。ところで・・・
S子さんの条件は・・・。

S子さん「はい。優しくて・・大卒以上で そこそこ、年収のある長身の男性です。欲を言えばタイプとしては、イケメンが好きなんです。」
はっ。

仲人は、心でつぶやきました・・・。頭脳明晰は認めますが、女性として容姿は、いま一・・・近年、容姿を重んじる男性様が多い中、お受けして理想を叶える事が出来るのだろうか・・。正直、ご入会をお受けしようか・・お断わりしようか・・かなり迷いました。結果的に、S子さんの情熱に負けて、入会手続きを完了させ、写真撮影。

プロフィール作成、登録完了・・。と・・超特急・・・
S子さんは、男性会員の情報を閲覧・・お相手選び・・・

結果10名のイケメンタイプを選びお申込をしました。一週間後大学院卒の男性から、お見合いのご承諾を頂きました。

初めてのお見合い・・・
お見合い終了後、S子さんから連絡が入りました。

交際お断り
S子さん「今日の方は、交際お断わりしてください。」

理由は・・・

S子さん、優しそうな男性でしたが、タイプが今一・・タイプだけで、お断わりはしたくないのですが、もう少しお見合いをしてみたいんです。」
はっ。時間がないと仰っていたのに・・いくらお見合い料無料といえども、お見合いゴッコしている時間がないのでは・・と諭しましたが、

次の方を閲覧したくて・・
と、お見合いの帰り道にサロンに寄り、再度、13名のお相手にお申込をしました。見事に13名ともお見合いNG・・やっぱり、条件の良い男性様はチェックが厳しいんですね。

自分を知ろうとしない男女様は、何方様でも結婚に繋げる事は難しいです。仲人は、またもつぶやきました・・・。
婚活中は、ご自分を知る最大の場所であり、チャンスの筈なのに・・、どうして、自分を振り返り、知ろうとすらしないのか・・・勿体無い・・・。

結婚には謙虚さが不可欠なのに・・分っていない・・。
1ケ月後、S子さんからまた連絡が入りました。

S子さん、これから、ご相談がありますので、サロンにお邪魔してよろしいでしょうか??」
はぃ。どうぞ・・
S子さん「仲人さん 葵良縁センターの会員で、お奨めの会員さんにお会いしたいのですが、駄目でしょうか??」
うぅぅぅん。

仲人は考えました。葵の秘蔵っ子がいますが・・少し無理め・・。と考えつつ・・・
「それでは、聞くだけ聞いてみます。ご縁が無かったらごめんなさい」

S子さん「はぃ。全然気にしません。大丈夫ですから・・よろしくお願いします。ところで仲人さん、私を強力に押してくださいね。私にも良い所があると思うんで、最大限PRお願いします。頑張って・・仲人さん・・信じている・・」でした。

これには、まいりました。
はぃ。はぃ。分りました。

またも仲人のつぶやき・・
「でも、どう考えても無理め・・。」と、独り言・・よし・・駄目でもともと・・・翌週の日曜日、秘蔵っ子を呼んで、S子さんのプロフィールを閲覧して頂き、

「如何かしら・・嫌でなかったらお会いしてみません??」
秘蔵っ子「うぅぅん。仲人さん 良いじゃないですか。お会いしてみたいです。」

耳を疑いました。大卒 一部上場企業 長身 いま時の、すらりとしたイケメン・・・男と女の不思議さを感じた瞬間でした。承諾を頂いた旨を、S子さんに伝えましたら・・。S子さんは、童心に戻ってしまったのか・・

S子さん「ヤッター・・仲人さん有難う。直ぐにでもお見合いしたいです。今日は無理かしら・・」
もちろん無理、無理・・・お相手にも都合がありますから・・。
S子さんはガッカリ・・

そして、日程の調整に入りました。あいにく、秘蔵っ子は今週の日曜日に都合がつかなく、2週間先の日曜日にお見合いが決定しました。

さぁっ・・
S子さんの本命のお見合い・・・いつになく素敵な笑顔で頑張ったのか・・・
お互いに交際にはいりました。
縁は異なもの・・・・(笑)・・・
仲人には分りません。うぅぅん。そうでしたか??・・・

そして、交際スタート・・・2ヶ月の交際を経たある日、デート先から一通のメールが入りました。

S子さん「彼はいま、車から降りて外にいますので・・・メールで報告します。

今日は、房総一周のドライブをしました。行けどもいけども広い海・・・波の音色にうっとりしたり、限りなく地球がやたらと広く感じたりで・・ロマンチックにドライブをさせて頂きました。仲人さん、私、彼に決めたいです。」

待ってください。彼の心情を聞いて、結婚OKでしたら、プロポーズする様に指導しますので、少しだけ御時間くださいね。そして、その夜、彼にS子さんのお気持ちを伝えましたら、「僕も結婚したいと思っていました。」・・・以外や以外・・・。翌週のデート・・・ホテルの最上階のカフェイで、三十数本の薔薇の花束をS子さんに渡し、プロポーズしたとか・・・。

ちなみに・・・・・三十数本の薔薇は、S子さんの年齢の本数でした。
この間、ご入会から僅か5ヶ月余り・・。
マンションの契約期限切れに間に合った・・・。良かった・・(笑)

早速、退会手続きに、二人はお手て繋いで、サロンにお越しくださいました。仲人は驚きました。手を繋いで退会手続き入会時のS子さんではなかったのです。綺麗になって、いま一の容姿は何処へ・・・お花のように輝いて、笑顔の素敵なお嬢様に変身・・・。お肌はピッカピカ・・女性が美しくなれる源は、やっぱり恋なんですね。人を好きになる事は、自分磨きの最大のお宝なんですね。

それからはとんとん拍子・・・翌月、ご両家のご紹介をすませ、一ヶ月後、親族のみで簡単な結婚式・・・・。お式の記念写真の一枚を送ってくださいました。

S子さん「仲人さん・・御世話になりました。こんなにしあわせです・・」
嬉しいですね。この言葉を聴きたくて仲人の存在は健全なのです。結婚急ぎのお嬢様・・・仲人に少しだけお時間くださいませ。・・子孫繁栄祈りつつ・・・永久に幸あれ・・・

熟年結婚に・・・乾杯!!

男性 67歳・・・
そう、一年前の事でしたでしょうか。彼が初めて訪れた時の会話は記憶に新しい。なぜなら、初めて出会った時、お互いの視線が合った瞬間、彼の目が涙で潤んでいた記憶が鮮明に残っていたからです。

何が有ったんでしょう・・この男性様に・・・と・・・。早速、サロンに通し、お茶を差し出しました途端の事・・・。彼は・・実は3ヶ月前に死別したんです。

仲人
はっっっ・・・無言・・。

彼・・子供に授からなく、妻たけが頼りの人生でした。
その妻が、5年前に癌と宣告され、二人で癌と闘ってまいりました。

ありとあらゆる治療を施し、一時は回復したかに思われましたが、3年後に再発。
それからは、入退院の繰りかえし・・・涙・・。

そんなある日、嘘の様に回復した時期があって、妻にも笑顔が戻り、以前と変わらない生活が出来ていたんです。自分は妻の笑顔が見たい一心で、出来る事は全てしてあげたいと決心し、

元気な時は、好きな登山やドライブ、そして、温泉にと連れて行っていました。その時は、妻も童心に返った様に喜んでくれていました。その間、2年足らずのある日・・・急に元気がなくなり再入院。

検査の結果・・皮肉にも笑顔の中にも癌は進行していたのです。最後の頼みにと、ガンマーナイフまで施し・・・妻もこれで完治出来ると信じていたにも拘わらず、数ヶ月後に他界してしまいました。
等など・・

お話を聞くこと2時間余り・・彼の潤んでいた目から涙がとめどもなく頬に流れる姿を前にして、仲人ももらい泣きをしてしまいました。その時・・仲人は言いました。良く分かりました。沢山の想い出が有って幸せでしたね。奥様も心から感謝して成仏されているとおもいますよ。

それと・・・・お話しながら考えたのですが、どんなに今寂しくでも、再婚はまだ早いのでは・・・。もう少し時間を置いて、心の整理がつくまで待った方がよいのでは・・・。と感じましたが如何でしょうか??

彼、うぅん・・

胸に詰まっていた事柄を、そして、誰にも言えない人生模様を、仲人に話した事により、少しは気持ちが楽になった様にも受け取れました。
彼、そうですね。時間が解決しますよね。

仲人、勿論です。
そして、サロンを後にしたあの時の事を、毎日脳裏から離れなく、覚えていたのです。

熟年結婚に乾杯image一年後のある朝、一番の電話が鳴りました。

あっっっ・・あの時の彼の声だ~ぁ??・・・。
彼・・・

一年前に御世話になった○○○です。覚えていますか??

仲人、はぃ。良く覚えていますよ・・。
彼・・・心の整理がつきましたので、今日入会したいのですが・・・。

お声は弾んでいました。

仲人、かしこまりました。大丈夫ですか。本当に心の整理がつきましたか??
彼・・大丈夫です。書類も全て揃いましたので、よろしくお願いします。

電話を切って15分後にサロンに訪れました。あら・・・こんなに早く・・・????驚くことに、サロンのお近くに住む男性だったのです。これにはビックリ・・・。ドアを開けた彼は、以前と違い目が輝いてニッコリ笑顔でご来室でした。早速、写真撮影をし、プロフィールを作成、当日10名のご紹介に入りました。ところが、有効期限2週間経っても、良いお返事は頂けませんでした。

彼は・・・、ガッカリ・・・。
駄目でしたか。

仲人さん・・・一人はやっぱり寂しいですよ。・・何とかならないでしょうかねぇ?? (深刻な表情)

仲人は、追い詰められてしまいました。何が何でも一刻も早く探さなければと・・・・かなりの焦り・・。熟年結婚に乾杯。そんな時、ふと葵の会員で、15歳年下の女性・・S子さんが浮かびあがりました。

S子さんの結婚条件は、『お人柄重視 健康である事・・年齢差は気にしません』でした。まぁ、それにしても15歳の年齢差・・・・可能か不可能か当たってくだけろ・・・・って気持ちでS子さんに聞く事にしました。まず、彼にS子さんのプロフィールを確認して頂きましたら・・・。

彼・・自分には勿体無い・・・紹介して頂けたらこんなに嬉しい事はない・・とニッコリ顔でしたので、早速S子さんをサロンにお呼びし、彼のプロフィールを確認して頂きましたら・・・

S子さん、あららら・・お優しそうですね。是非お会いしたいです。とあっさりご快諾。

縁は異なもの・・早速彼に伝えましたら、彼は大喜び・・。
彼、頑張りますのでよろしくお願いします。

それから、一週間後に葵のサロンで待望のお見合い・・。結果・・お見合いは見事に成功・・・S子さんは、彼のお人柄に好意を持ってくださったようです。そして、いよいよ交際開始・・・。仲人は、このご縁を逃したら大変とばかり、彼に猛烈にアドバイス。彼も素直に教えを守り、全力投球でS子さんに優しく接し、S子さんの心をグイグイと引き寄せる事に成功しました。

そして、2ヶ月間の交際、突然二人でサロンにお越しになり、「結婚します。今日成婚退会に参りました。」と笑顔・・・・。これには、仲人もビックリ・・。ご入会から3ヶ月足らず・・。熟年結婚に乾杯。

彼、突然に報告して、仲人さんを驚かせやろうと内緒にしていたんです。・・・・(笑)。なんてジヨークまで言える程に、心身共にお元気になられた彼を目の前にして、お世話して本当に良かったと安堵の気持ちは隠せませんでした。

仲人、良かったね。これからは二人で協力しあい、なんでも話し合いが出来る様な夫婦になってくださいね。幸せになりましようね。

仲人もこの時は何故か絶句してしまい、これ以上の言葉が見つかりませんでした。良かった・・・・本当に良かった・・・。この時の彼の表情は別人でした。熟年結婚万歳・・・そして乾杯!!第二の人生に永久に幸多かれと祈りつつ・・。

お見合い出来るなんて・・

男性 30代 大卒
爽やかで誠実そうな青年・・そして、今どきのイケメン・・。難を言えば身長かなぁ・・って感じ・・160cm 前後。彼(S君)は、即日入会・・・仲人にとって、即日入会は本意ではなかったので、「どうして即日入会したいのぅ~・・??

S君、実は、他の相談室で2年間婚活をしていたのですが、一度もお見合が出来なかったんです。葵良縁センター千葉のホームページを、隅から隅まで読ませて頂き、此処なら もしかして・・・お見合いのお相手を探してくれそう・・??葵さんでもう一度頑張ってみようと考えたんです。

仲人、はぁっ・・・2年間に一人も出会いがなかったんですか???
S君、そうなんです。何人紹介して頂いても、承諾が頂けなかったんです。

仲人、あなたが2年間に一度も出会いに恵まれない事自体、仲人は信じられないですね。
S君、仲人さんが、「出会いのなかったこと自体信じられない」と言ってくれるのは嬉しいけど、今の僕にはお見合い出来る事が信じられないです。本当に2年間、一度もお見合い出来なかったので・・。仲人さん、こんな僕でも大丈夫でしょうか。お見合い出来るのでしょうか。

仲人、S君、結婚相談所は、お見合いを保障する組織ではございません。ですから、お見合いが出来るように、あなたのご両親様の心で、全力投球してお世話をしなければ、いつになっても出会いには恵まれません。あくまでも、仲人があなたのご両親様の身代わりになれないと、お見合には繋がらないものなんですよ。

S君、そうですよね。そうして頂けたらありがたいです。
仲人、お見合いをして頂く事が普通の事ですから、入会した以上は結婚出来るまで、ついて来てくださいね。
S君、もちろんです。頑張りますのでよろしくお願いします。

ここで、仲人はつぶやきました。可哀そうに・・こんなに真面目な青年が、2年間もお見合い出来ないなんて・・・。それにしても??? 2年間もお見合い出来ないで、ず~っと辛抱して婚活していたS君は、かなり真面目で頑張屋さんかも・・・何とかしてあげないと・・。なんとかするしかないと、闘志を燃やしてしまいました。よぅ~し。頑張るしかない。さっそく、写真撮影・・・仲人カメラマン(笑) 撮影の写真も、まぁまろぁの出来上がり・・。プロフ作成 PR文章をS君に確認して頂き、OK・・。

S君、こんなに、素敵に書いて頂いて恐縮です。プロフに負けない様に頑張ります。

そして・・・即日、10人のご紹介にはいりました。あとは、ご快諾のお返事を待つばかり・・。期待を託したと思ってか、S君の緊張の様子も幾分緩み、事務所をあとにしました。この時のS君は、何故か一回り大きくみえてしまいました。そして、8日後、1名のお嬢様から待望のご快諾のお返事・・。さっそく彼に伝えると、

S君、信じられない・・・本当ですか???
仲人、本当よ。お見合い日程の調整に入りますので、土曜日 日曜日は、予定を入れないで待っていてくださいね。

お嬢様の都合もありますから・・・お見合い決定

S君、もちろんです。

S君の声は弾んでいました。そして、日程が決定、S君に伝えました。

仲人、S君、お見合いの方法は、入会時に指導した様に、落ち着いて頑張ってくださいね。
S君、は~ぃ。頑張ります。期待していてください。

仲人さん・・嬉しいです。そして、お見合い当日、交際可 不可の結果報告が彼から参りました。

S君、仲人さん、素敵な御嬢さんでした。ぜひ、交際したいです。
仲人、かしこまりました。お嬢様の結果が分かり次第お知らせしますから・・。待っていてくださいね。
S君、は~ぃ。楽しみにお待ちしております。

S君にこにこ・・・・。ところが、お嬢様から交際不可の連絡がはいってしまいました。・・。ガッカリ・・(泣)。でも、結果はどうあれS君に伝えなければ・・・。

仲人、S君、今回ご縁が無かったけれども、初めてのお見合ですから、仕方ないですよね。次回頑張りましょうね。と、励ますのが精いっぱいで、この時ばかりは、仲人 平山も珍しくシックになってしまいました。

S君、そうでしたか。頑張ったつもりでしたが、ご縁が無かったんですか。仲人さん、すみません。ごめんなさい。それから2日後、新たに2名のお嬢様からご快諾の連絡がはいりました。嘘の様な本当の話???とは、この事かと・・・この時ばかりは仲人の独り言・・・。

仲人、S君、お二人のお嬢様からご快諾いただきましたよ。
S君、ほんとですか。信じられない。嬉しいです。今度こそ頑張ります。
仲人、差し上げたお見合い成功術の小冊子を、熟読してくださいね。日程決定しましたらお知らせしますから・・。
S君、はぃ。良く熟読して、今度こそ頑張ります。

そして、お二人のお嬢様とのお見合が、土曜日 日曜日と、二日続きでお見合いが決定。

仲人、S君、お二人のお見合が、二日続きますので勿論頑張って欲しいですが、自然体も大切ですから、笑顔を絶やさないで、失敗を無駄にしないで頑張りましょうね。
S君、はぃ。期待していてください。頑張ってきます。

そして、二人目から・・・三人目とお見合い・・交際お断り

S君、仲人さんお二人共交際希望です。素敵なお嬢様でした。

ところが、お二人のお見合い・・・残念ながら共に交際不可の連絡が入ってしまいました。フィーリングが合わなかったとか・・・。ショック・・・。3人お見合して、一人くらいは「交際希望」となぜ希望されないのか・・・困った・・・この時ばかりは仲人も少々 ブチギレ・・・。さっそく、事務所に呼び、お見合いの方法を実践さながらに2時間特訓 お見合い中の会話の指導・・等など。
仲人は疲れてしまいました。

そして、新規のご紹介10名にお申し込みをしました。快諾を待つばかり・・・。この間、入会~3ヶ月近くが経過してしまいました。ところが、吃驚!待望の薬剤師さんからのご快諾でした。仲人もこのご縁を逃したら・・・とばかり、S君に発破をかけて、日程の調整にはいりました。

S君、信じられないご縁で本当にうれしいです。全力で頑張ります。

お見合い当日、S君も緊張しているのか・・電話がはいりました。

S君、仲人さん、今日のお見合い、お相手に何といえばいいですか???
仲人、はっっ。先日教えた事を思い出して、元気よく頑張るしかないんです。何と話せばと聞かれでも、会話にはお互いの流れがあるから、良く考えて、言葉を選んでくださいね。
S君、わかりました。頑張ってきます。

S君少し シヨボン?? トーンダウンでお見合いに向かいました。そして、お見合い時間から2時間過ぎた頃・・

S君、仲人さん、お見合い終わりました。自分には勿体ない御嬢さんでしたが、お相手から良いお返事がきましたら、こちらも「交際希望」でお願いします。
仲人、かしこまりました。お疲れ様でした。

そして、「交際希望」の報告をお相手様には伝えましたが、 当日中には、お嬢様からの結果報告が参りませんでした。仲人は 少し心配・・。あと一日待ちましょう・・・神に祈るおもいで「交際希望」の連絡を待ち受けていました。そして翌日、ついにS君 頑張りました。「交際希望」の連絡が入りました。仲人も嬉しかったです。

交際希望… そして、交際、願えば叶う・・とはこの事かと・・。そして、交際・・・ただ今、交際最前線・・・辛抱と結婚の情熱を失わなければ、必ず良いご縁に恵まれるとS君から教えらました。 ご縁のない人は、一人もいないと・・。S君の交際は順調 ご機嫌・・・S君頑張れ・・。続く・・

お嬢様・・タイプ志向って危険かも・・

30代 短大卒
スラリとした素敵なお嬢様・・・ぜひ、仲人さんにお世話になりたいと即日入会。一刻も早く結婚したいです。と強い希望・・。

L子さん、私、結構好みのタイプにこだわるんですよ。
仲人、そうですか。タイプのお相手を閲覧してください。

紹介してみますので・・。こんな会話の中で、早速、写真撮影 プロフの作成と大忙し。L子さんは、当日10名のお相手を選びました。仲人も早速紹介にはいり作業に没頭・・。

仲人、紹介の作業が終了していますので、有効期限の2週間、結果のお返事お待ちくださいね。
L子さん、はぃ。かしこまりました。よろしくお願いします。

そして、L子さんは、にこにこ笑顔で相談室を後にしました。ご紹介手続きから5日目、見事にお一人目のお相手からご承諾・・日程調整中に、次から次へと4名のお相手からご承諾の連絡がはいり、さすがの仲人も、テンヤワンヤの大忙し・・・。合計5名様からのご快諾・・一度のご紹介で、5名のお相手からのご承諾は、ご本人もびっくりしつつも、

L子さん、大変ですね・・・。と、嬉しい悲鳴・・。仲人は、日程調整に更に大変・・・。何が何だか分からなくなる程、調整に苦労してしまいました。そして、初めてのお見合い・・・。

L子さん、頑張ります。ありがたいです。お見合が終わりましたら結果連絡します。
仲人、楽しみにお待ちしております。指導した事柄を忘れないで、頑張ってくださいね。そして、お見合い終了・・

L子さん、お見合が終わりました。良い方だと思いますが、タイプでなかったので、お断りしください。すみません。そして、2人目 3人目とお見合いゴッコ ごとく、お見合いをしたのですが、何人お会いしても答えは一つ…。

「タイプでなかったのでお断りしてください」だって・・。
仲人も、さすがにL子さんに尋ねました。タイプって、どんな人・・・

L子さん、こんなひと・・・?????と、こっそり一枚の写真をバックから取り出して、見せてくださいました。今どきのイケメン・狙い・・だったのです。
仲人、このタイプって、マイホーム亭主にはほど遠いから内面の素敵な男性が良いのでは・・。
L子さん、分かってはいるのですが・・。生理的に・・・。
仲人、はっつ・・・。生理的に・・???

何をアドバイスしても聞く耳持たず。それから1年が経過・・お見合い人数31名・・こんなにお会いしても、一人もお気に入りのお相手に出会えないなんて有り得ない・・・。どうしたらタイプのお相手に出会えるのか・・仲人はつぶやいていました。その矢先・・・。

L子さん、仲人さん、退会します。
仲人、あら・・どうして・・あんなに頑張っていたのに・・・。
L子さん、お嬢様タイプ志向って危険かも。はぃ。平山さんには大変お世話になりましたが、昨日、友人から結婚相手として紹介された男性が、私好みのタイプだったんです。
仲人、そうでしたか。それは何より・・よくお人柄など冷静に観察して幸せになってくださいね。

ご期待に添えずごめんなさい。そして、L子さんは、退会手続きにお越しになり、ニコニコ顔で退室して行きました。ところが、退会後6ヶ月経過したころ、再度連絡がはいりました。

L子さん、仲人さん、私 離婚することになりました。
仲人、はぁっ。どう言うこと・・。兎に角、事務所に来て聞かせてください。
L子さん、はぃ。これから、すぐに行きます。すみません。

L子さんは、かなり焦っていた様子が伺われました。そして、1時間後に来室・・。
仲人、離婚の理由は・・。
L子さん、はい。在籍中 仲人さんに指導して頂いた数多くの事柄が、今、遅いけどやっと解りました。当時はどうしても自分的に納得できなかったんです。

仲人、結婚生活はどのくらいだったんですか??
L子さん、3ヶ月です。私、友人に紹介された時、探していたタイプだったので、ひと目惚れしちゃったんです。
仲人、うぅぅぅん。それで・・・。何が原因で離婚したんですか???
L子さん、結婚して、3ヶ月になろうとした時、彼に「二人の子供が欲しい・・」とお願いしましたら、彼は・・・・

「どうしてお前の子供を産まなくてはいけいの・・お前が俺の事を好きだと言って結婚したんでろぅ。お前の子供を産むんだったら、離婚してもいいよ・・。」その言葉を聞いた途端、彼への情熱が冷めてしまったんです。

仲人、そうでしょう。結婚はタイプでなく、お人柄重視。優しくて温かな心を持っている誠実な男性が、幸せな家庭を築けるんですよ。
L子さん、何度もお話しましたが、女性は男性を追うものでなく男性に追われる様な女性でなかったら幸せは手にはいりません。タイプだの、好きだの・・なんて結婚してしまえば、3ヶ月も持ちませんから・・。

L子さん、そうですよね。本当に身に染みる程、その通りだと知りました。もう一度、幸せに挑戦したいので、平山さん、お世話して頂けますでしょうか??
仲人、まだ、若いので一生独身は可哀そうよね。L子さんが選んだお相手は、今後も同じ事を繰り返すので、仲人に任せて頂けるのであれば、お世話しますが・・・。

L子さん、そうします。自分で選ぶ自信がなくなってしまいました。よろしくお願いします。幸せになりたいんです。早速、プロフ作成・・一刻も早く探さなければと・・。仲人は選びました。二度と失敗しないように、健康で優しいお相手を数人ご紹介に入りました。

その中で、お一人のご承諾を頂きました。初婚 L子さんより2歳年上の大卒研究職 年収千万単位・・・L子さんには勿体ない。しかし、L子さんの好むタイプではない・・。早速、L子さんに連絡、プロフを見て頂きました。お嬢様タイプ志向って危険かもimage3

L子さん、タイプではないけれども、仲人さんが探してくださった男性ですから、お会いしてみます。

L子さんは、嬉しそうな表情ではなかったのですが、一週間後にお見合い。
L子さん、お見合いが終わりました。タイプでは無かったのですが、お人柄の良さそうな男性でしたので、交際してみます。
仲人、そうです、お人柄が大切ですから、これからは、L子さんを必要としてくれる優しいお相手に心を切り替えましょうね。
L子さん、はぃ。そうします。気に入られる様に頑張ってみます。

自分から好きになったら負け組になりますよね。 好きと言われる様に頑張って、勝ち組にはいりたいです。この会話の中で、一度の結婚に失敗したL子さんは、かなり大人になった感じを受けました。交際2ヶ月経過・・・L子さんから連絡が入りました。

L子さん、とっても良い方で尊敬出来る男性なので、自分的には結婚しても良いかなぁっと思っています。
仲人、そうです。尊敬できるお相手でしたら、一生ものです。好き好き・・・の結婚は、数ヶ月で消えてしまいます。経験しているでしょう??!!。
L子さん、はぃ。良くわかりました。その通りだと思います。

L子さんは、初めて人を尊敬する事を知った様です。結婚は好きな人・・。これが大きな間違いで失敗しました。好きでも尊敬出来ない人との結婚生活は短命なんです。好きと尊敬の勘違い・・のL子さん・・・。それから、一週間後のデートの時に、彼からプロポースを受けました。勿論「喜んでお受けさせて頂きます。」とお返事したようです。永久に幸あれ。

翌週、L子さんは、「どうだぁ」・・とばかり、彼と一緒にお越しくださいました。優しそうな男性・・そして、仲人選びが的中・・仲人が、「L子さんを幸せにしてあげてくださいね。」とお願いしました ら「全力で幸せにさせて頂きます。」と・・・。その時の様子は、既に妻殿下の様に感じました。

L子さん、今度こそ幸せになってくださいね、と仲人が言いたい言葉を感じ取ったのか・・・・「仲人さん  本当にありがとうございました。幸せになります。」と本物の涙が光りました。永久に幸あれ…L子さん、今度こそは・・・。神に祈る思いでお二人を見送りました。

こんなに喜んでくれる姿に魅せられて、仲人はいつまでも存在したい心境の一瞬でしたお相手のタイプにこだわっているお嬢様、深呼吸して頂けたら嬉しいです。この続きは千葉の結婚相談所 葵良縁センター千葉の婚活ブログへどうぞ!

今すぐご相談はこちら

千葉の結婚相談所「葵良縁センター千葉」はいつでもご相談を受け付けております。ご入会を強いたり電話での勧誘等一切しておりませんので、ご安心してお問い合わせください。婚活を考える全ての皆様を温かくお迎えしております。

LINEでのお問い合わせ

LINEからもお気軽に結婚相談できます。お気軽にお問いわせくださいませ。
友だち追加

メールでのお問い合わせ

24時間お問い合わせ受け付け中
メール問い合わせ

お電話でのお問い合わせ

お電話でもお気軽にお問い合わせくださいませ。
電話でのお問い合わせ

アクセス方法

電車でお越しの方
・JR総武線 西千葉駅徒歩3分
・京成千葉線 西登戸駅徒歩2分

※西登戸駅を下車し改札を出たら、地下道を潜って反対側に出て下さい。左(東京方面)の線路側を直進、3本目の通りを右折、そのまま直進約20m右手になります。

車でお越しの方
千葉県千葉市中央区春日1-5-8でナビゲーションを設定願います。電話番号での設定は別の場所が案内されてしまいますのでご注意くださいませ。