モテそうなお見合い写真への申込みは高倍率な婚活オーディション

 

PCやスマホでお相手選びが出来なかった昔、

プロフィール写真は紙面に大きな切手くらいのサイズで掲載されていました。

その上、スナップ写真が主流で画質も荒かった…。

 

顔が良く判らない分、写真じゃなくてPRや条件をよく見て、

大方悪くなければ取りあえず申込みをしてみる…という傾向でした。

 

それでよかったんです

「プロフィール写真」は婚活上ハードルが低く、

そして出会いの幅は広く、それこそ「お人柄重視」が実現されていましたから。

 

いいのか悪いのか、

今のプロフィール写真は「婚活用」としてスタジオ撮影されたものが主流。

お顔も雰囲気も「曖昧さ」がなくなりつつあります。

 

アイドルのように華があり、明るく快活な印象の笑顔は、

一際男性の目を惹きます

男らしいポーズを取って優しく微笑んだ爽やかな写真に、

女性の目は奪われます

 

そして、つい「お人柄重視」を忘れて「お写真重視」となってしまう

 

結婚相手が、見栄えもお人柄も素敵となれば最高だけど、

お見合いのチャンスがなければご縁もゼロだね

 

モテそうな写真の方には申込みが殺到しますから、

申し込んだところで中々自分は選んで貰えない。

それは、高倍率のオーディションを受けるようなものなのです。

 

なかなかお見合いが叶わない方は、

モテそうなお見合い写真にばかり目を奪われていないか…振り返りましょうね。

 

素敵な写真重視でお申込みをしてしまう呪縛から抜け出せれば、

きっと新しい婚活が始まるかも

 

婚活は試行錯誤が大事。

素敵な写真の誘惑に負けず、

本人や仲人からのPRの好印象とか、身近に感じられる雰囲気を重視して、どんどんお申込みをしてほしいなっ。

 

お申込みの方向性を変えてみるのも、

ご縁を広げることに繋がります。

できるかなっチョキ