仲人には、宝石のリフォームを扱う職人さんの友人がいます。葵と同じ、手作り感満載のこじんまりしたお店を構えています。

彼から聞いた結婚指輪の話を一つ。

リフォームの相談に来たのは、40代男性。
今自分がしている結婚指輪で、新たな指輪を二つ作って欲しいと言います。

聞けば、おっちょこちょいの奥様が数年前に結婚指輪をなくしてしまったとのこと。
誓いの印をなくしてしまった事に、奥様は泣いて謝ったそうです。

ご主人にしても、妻が指輪をなくしてしまった事は、やっぱり残念な大事件。

続きはこちら