お見合いとは、当然のことながら結婚を希望する者同士が始めて会う席のことですから、いつでも新鮮な気持ちで臨みたいものです。

婚活を始めたばかりの頃は、誰もが緊張し、初々しくお見合いに臨むものですが、回数をこなして「お見合い慣れ」してしまうと、つい気を抜いてお相手に不快を与えることもありますからご注意。

例えば、お見合いの席に、余計な荷物を持っていくことは避けましょうね。

お見合いなのに、お相手が紙袋を幾つもぶら下げて来たという話は、仲人の耳に時々入ってきます。

お見合いの席で紙袋をぶら下げたその姿を見て、お相手にはどう思うでしょうか?

間違いなく 「ショッピングの『ついで』にお見合いに来たのかな。」と、少なからずテンションを下げてしまうでしょう…。

たとえ本人は、お見合いの『ついで』にショッピングしたつもりでも。

お見合いは、結婚相手となるかもしれない方との、最初の大切な出会いの場です。

未来の新郎新婦候補者に、不快や誤解を与えてしまったら勿体ない。

出会った瞬間、「あたたに会えるのを、心待ちにしていました!」といった、熱の入った前向きな姿勢を醸し出すのは、お見合いのコツでもあります。

そんな姿勢に、ショッピング袋は邪魔なのです!

とはいえ、平日は仕事に追われている分、週末はショッピングや習い事で上手にリフレッシュしている方もいらっしゃるでしょう。

お見合いのついでにショッピングをしたり、習い事の前後にお見合いを調整していることは、実際にあります。

どうしても時間を有効に使う結果として、お見合いの席に手荷物手が増えてしまう場合には、ホテルのフロントやお店の方に相談し、一時的に預かって頂きましょう。

駅のロッカーを利用してもいいですね。

お相手に失礼にならないよう、お見合いのマナーとして気遣ってほしいものです。

お見合いは、出会って30秒で決まります。

いや、もっと短いかもしれません。

その出会いの瞬間を、いかにご自身を素敵に演出できるか、お見合いのコツを心得ながら、婚活がんばりましょうね

できるかなっ。

家庭的な結婚相談所なら葵良縁センター千葉