毎年、春という季節はご成婚が多いです。

令和になったこの春も、例に漏れずご成婚続き。

この度ご成婚退会したのは、背が高く体格も立派だけど、ハートは繊細でシャイなアラフォーミドルの初婚男性です。

彼がもしも道を尋ねられたら、目的地まで案内してくれそうな、葵良縁センターきっての優しい方でもあります。

お相手の女性は、少し年下のアラフォーさん。

品のあるおっとりした印象のクールビューティです。

体格が立派な彼とスッキリ細身の彼女が並ぶと、なんだか美女と格好いい野獣のようだ。

12月に運命のお見合い。

3月に真剣交際。

4月にプロポーズで、この5月にご成婚退会です。

彼は11月にご入会だから、予定通り半年ほどでご成婚退会です。

彼が結婚を決めたのは、彼女の彼に対する「一途」な気持ち。

彼女が先に彼に惚れてくれたのです。

「私、他の男性とのお見合いは一切しませんから、宜しくお願いします」と、宣言され、彼の定休の日曜日は必ず予定を空けてくれました。

少しプレッシャーを感じつつも、ストレートに思いを伝えてくれる彼女に、彼はとても好感を持ったようです。

婚活中は、交際中であっても、互いにお見合いをしている事もあるし、他の方とも交際をしている可能性だってあります。

だから、探り合いながら疑心暗鬼になりがち。

そこへ、「あなたに決めてます」といったニュアンスでアプローチを頂いたのですから、彼にしてみれば安心して交際ができたわけです。

一緒に出掛けた車用品の展示会で、彼が気になり手にしていた品を、後日彼女がプレゼントしてくれたことがありました。

それには彼はびっくりです。

「なんとなく欲しいのかな、って思ったから。

いつもご飯をご馳走してくれたり、車で迎えに来てくれてありがとう。」

と気遣いの言葉と共に渡された時は、とても感動したと仰います。

自分の欲しいものを当てられると、人は嬉しいものですね。

年明け早々、彼が花粉症の症状に悩まされた時も、彼女から優しい言葉がありました。

「デートよりも仕事のために身体を休めてね。」

そして、自力でアレルギー症状を治そうとする彼に、「この薬が効くみたい」と、市販のアレルギー薬や栄養ドリンクを差し入れたそうです。

この時も、気遣いと優しさに涙がでるほど感動。

人は弱っているときに優しくされると、心の底から有り難い幸せを感じます。

というわけで、一途な彼女の思いと、優しい気遣いにノックアウト。

「彼女と一緒ならやっていける」と、結婚を決断する事ができました。

さて、プロポーズはどうしましょう?

仲人と、早速作戦会議です。

彼女の大好きな青い花を散りばめた、清楚で可憐な印象のお花をチョイス。

「プロポーズの時には、結婚してください、ってちゃんと言えましたか??」の仲人の問に、彼は照れ笑いで教えてくれない。

でも、幸せそうにお二人揃ってご成婚退会に訪れてくださったのですから、きっとプロポーズはビシッと決めたに違いない。

追われると逃げるのが男性の心理と言われるけれど、これは人による。

仲人は、シャイな男性と、積極的にアプローチをする女性のカップルを、数多く目の当たりにしてきました。

「この人いいな」と思ったら、まずは気持ちを素直に伝えることが、男女問わず大切な事だね。

夏に向けて新居を探すお二人。

新しい令和の年に、新しい人生を一緒に歩むのです。

身体に気をつけて、いつまでもお幸せに。

ご成婚本当におめでとうございます!

家庭的な結婚相談所なら葵良縁センター千葉