この度ご成婚した葵良縁センター千葉の女性は、潤んだ瞳と癒やし系の笑顔が魅力的な美人アラフォーさん。

お相手の彼も同じくアラフォー。

悠然とした雰囲気をお持ちの、大らかで頼り甲斐ある優しい方です。

彼女は風薫る昨年の5月にご入会。

運命の彼に出会ったのは、婚活をスタートさせて半年後の11月。

3ヶ月の交際を経て真剣交際のお申し出を受けたのが2月。

そして、桜の木の下でのサプライズプロポーズは3月。

交際期間、約5ヶ月でのご成婚です。

都内に住む彼女は、実は以前に別の結婚相談所で婚活をなさっていらっしゃいました。

最初の結婚相談所では婚活が芳しくなく、うまく行かないことの連続。

だから、何かを変えたかったと言います。

「婚活の空気を変えれば、何かが変るかも。」

そう思い空気を一新するべく結婚相談所を変えたのです。

そして選んでくださったのが、葵良縁センター千葉でした。

自宅から電車を乗り継ぎ1時間40分ほど掛かってのご来室に、仲人は感動致しました。

そして「よし、彼女を絶対に結婚させるぞ。」の意気込みでエンジン全開、婚活のサポートをスタートさせたのです。

以前の結婚相談所でも、沢山のご縁に恵まれた彼女ですが、お話しを聞いてみるとどうやら「お見合いのし過ぎ」。

お見合いの数珠つながりで、交際する時間もままならなかったから疲れて当たり前ですね…。

仲人は「婚活とはお見合いの数が多ければ成婚に繋がり易い」とは思っていません。

確かに「数打ちあたる」作戦もいいけれど、どれだけ自分に合う方と出会えるかで決まると思うのです。

婚活の目的は「お見合い」の数ではなく、「結婚」なのですから。

婚活の進め方をよく話し合い、「ゆっくり急ぐ」イメージで婚活の第二章を頑張る事にしました。

月に2~3人のお見合いを心掛け、ご交際になったら少し立ち止まる。

仲人と相談しながら必要性を感じれば新規のお申込みをする。

そんな風にして出会った運命の彼。

お見合いが数珠つなぎではなかったから、ご交際中のデートはコンスタントに週1が叶い、着実に距離を縮めることが出来ました。

第二章の婚活ではマイペースを自覚し、一つ一つのご縁を大切にして進めた結果掴んだ幸せ。

ご成婚退会の時には、秋の挙式に白無垢を着るのだと目をキラキラさせながらお話ししくれたました。

本当によかったね。

末永くいつまでもお幸せにね。

婚活するなら家庭的な葵良縁センター千葉