葵良縁センター千葉のある西千葉では、卒業式を終えた親子連れの姿をよく見かけるようになりました。

すれ違う親子連れは皆、清々しい晴れやかな笑顔です。

3月は別れの季節ですが、新たな出会いや希望に満ちあふれる出発の月でもありますね。

婚活にはシーズンはありませんが、3月のように新たな出会いに期待を秘めながらお見合いにご交際に邁進しましょう。

さて、お見合いの時にはどんな話題が相応しいでしょうか?

お見合いの席ではもちろん明るい話題が一番ですが、内容によっては注意が必要です。

中でも、「お金」にまつわる話題は要注意。

投資信託や有価証券でお金を殖やしている話や、貯金する為の愉快な節約方法、我慢が身につく家計簿の付け方など、友人同士であれば大変参考になったりお話が盛り上がる内容だとしても、「お見合い」という席では別です。

「お金」の話は現実過ぎて全く色気がないし、「結婚」を意識した初対面同士が話題にする内容としては、デリケート過ぎるのです。

夫婦は他人同士の集合体ですから、少なからず価値観の違いを感じるのが当たり前ですが、「お金」という価値観の違いが露骨に分かってしまうテーマは、お見合いの席では避けましょうね。

確かに結婚したら、家庭の財産管理はキチンとしたいと誰もが思います。

無駄は省いて、少しでも将来の子供のために、夫婦の老後のために、人生を豊かに楽しむためお金を貯めたいと願うものです。

しかし一方で、結婚したら妻や夫と新しい趣味に挑戦して楽しんだり、たまには夫婦水入らず外食したり、旅行にも行ってみたいと思っていらっしゃいます。

結婚をし、独りぼっちを卒業して、夫婦として豊かな時間を過ごしたいと思っているのです。

婚活する皆様のプロフィールには、そんな文言で溢れています。

そこへ、お見合いの席で将来の妻や夫の候補者が、株や節約の話をしたらどうでしょう?

投資信託や有価証券のようなリスクをイメージする財産は、万が一失敗でもしたら…と不安に思う方も居るでしょう。

目から鱗の節約方法や、家計簿のやり繰り上手の話題には、感心はしても「お金を厳しく管理されるのでは」と不安や警戒心が湧くかも知れません。

そして「お金」に細かい=ケチ、の方程式で判断され、お見合い後の回答が「お断り」となったら勿体ないではないですか。

誰だって、苦労するために結婚するわけではありません。

「お金」の話、つまり経済の管理は、結婚すると決めたら二人で仲良く話合い、取り決めればいいのです。

お見合いでは「お金」の話題は謹んで、楽しく「また会いたいな。」と思って頂けるような明るい内容に撤しましょうね。

婚活するなら葵良縁センター千葉