男性と女性でしたら、

断然女性の方が交際終了を告げる機会が多いです。

男性は、多くを語らない

「男の美学」

を持ち合わせているし、

「フラれ役は自ら買って出る」

という、紳士的で優しい方が多い傾向ですから

 

それでも、男性が交際終了を告げる時は、

我慢に我慢を重ねた結果が多いかなっ。

 

「平山さ~ん、

彼女って何でも僕任せなんです。

なんだか疲れちゃった。」

なんて申し出る男性様も少なくありません。

男性が交際終了を告げる一番の理由は、

何でも男性がして当たり前と思われ疲れてしまうこと。

 

お店の予約からデート先まで

男性が提案、手配してくれて当たり前。

レストランの場所は、

女性に負担のないよう女性側の住まい付近を検討して当然。

デート代、ガソリン代、高速代諸々、

経済の部分は男性負担が当たり前

 

更には、

次のデートの日程提示を待って貰って当たり前。

「もっと他の男性にも会ってみたいの」

などと、どストレートに語っても理解されて当たり前。

男性は、女性の「当たり前」をご交際初期には

「まぁいいか」

とばかり許してあげ

出来るだけだけ頑張ります。

しかし、限界はやがてやって参ります

 

女性の明るい笑顔と共に、

感謝の気持ちを表現できれば、

男性だってご交際に頑張り続けます

でも、それがないと厳しいね。

「ありがとう」

の言葉が仮になくても

良い関係が保てるのは親子だけかなっ

 

ご交際中は勿論、

結婚してもお相手は他人様のままです。

 

どんな小さな事にも

「ありがとう」

の言葉と表現があれば、

婚活も結婚生活もきっと上手くいくよ。

出来るかなっ

千葉の結婚相談なら葵良縁センター千葉