穏やかだった3連休、皆様いかがお過ごしでしたでしょうか?

昨年12月に「結婚相談業サポート協会」(通称MCSA「マクサ」)の更新プログラムを受講し、この度「結婚カウンセラー認定証」が届きました。

マクサは、経済産業省ガイドラインに基づいた「個人情報保護指針」に従って、結婚をするための活動をする皆様の「個人情報保護」に努めている団体です。

経済産業大臣認定個人情報保護団体の認定を正式に受けていて、結婚カウンセラーと共に苦情処理や情報提供等を行うための研修会や勉強会等を実施ています。

http://mcsa.or.jp/

婚活する方の個人情報は守られる

婚活プロフィールを作成する場合、どこまで個人情報を開示するか、必ずカウンセラーと確認し、ご本人も認識しなくてはなりません。

個人情報の詳細…例えば住まいについて、「都内23区内」にするのか「○○区」にするのか、大学名は記載するのしないのか、ご両親様についてはどこまで開示するのか等々。

カウンセラーが知り得た情報は、婚活なさるご本人に断りなく口外することはご法度になっています。

詳しく記載すれば、お相手にとってイメージがつきやすいですが、開示内容はあくまでもご本人のご意向次第となっています。

個人情報保護法を学んでいる仲人を選ぼう

20年前の「個人情報」と、昨今の「個人情報」では、まるで扱い方が違います。

特に2017年には大幅な個人情報保護法の改正があり、更に婚活なさる皆様の個人情報が守られています。

このような「個人情報」は、これからも変化していくはず。

婚活する際、結婚相談所を選ぶなら、こういった個人情報保護法についての勉強をしている、しっかりしたカウンセラーを選ぶべきです。

それが、トラブルのないスムーズな活動に繋がっていきます。

葵良縁センター千葉では、皆様の大切な個人情報を守りながら、本年も気合を入れてたくさんのご成婚を目指して、邁進して参ります。

婚活するなら葵良縁センター千葉