葵良縁センター千葉では、プロポーズをする時には、「結婚してください」という言葉を忘れずに…とお勧めしています。

ストレートな気持ちを、分かりやすく問うのが一番ですし、問われた女性も「YES」か「NO」と回答しやすいですから。

「君の味噌汁が毎日飲みたい」なんて、照れる気持ちを隠すような、湾曲した言葉がプロポーズとして使われていた時代がありましたが、現代の女性には通用しないでしょう。

「黙って俺についてこい」なんていう古いプロポーズも、今では乱暴で強引な言葉にしか聞こえません。もってのほかですね。

プロポーズの言葉は、時代背景と共に変化しているようです。

「結婚したら君を幸せにする」の時代

太古の昔、男性は狩りをして獲物を捕らえ、家族を養いました。女性は子を産み、育て、家庭を守っていました。

男女の性別の違いにより、それは自然な事だったのです。

その延長線のように、都市部では昭和の頃まで、女性は結婚したら専業主婦となり、家庭へ入ることが主流でした。

女性が、結婚を機に会社勤めを辞めることを、「寿(ことぶき)退社」と呼び、結婚と退職をワンセットで祝ったものです。

この頃のプロポーズと言えば、「君を必ず幸せにする」とか、「君を一生守る」なんていう言葉が多かったのではないでしょうか。

「僕が一生懸命稼ぎ、専業主婦の君を養ってあげる」といったそのニュアンスは、令和の今では、少し上から目線な言葉にも感じます。

現代にはミスマッチですね。

大黒柱は一本では厳しい時代へ

女性の社会進出が目覚ましく、共働きが当たり前の時代がやってきた今、「君を絶対に幸せにする」といった、男性の一本気なプロポーズは、少し時代にそぐわなくなった気がします。

社会的な立場に性別の差はなくなり、夫婦に上も下もない時代が到来したのです。

年金不安や、100歳まで生きていける時代背景の中、夫だけの稼ぎで「夫婦一生安泰」という時代は幕を閉じました。

もはや、大黒柱は一本では厳しい。

今や結婚したら、女性も社会で活躍し続け、家事や子育ては夫婦が仲良く分担するのが当たり前です。

「専業主婦」も「寿退社」も、死語になりつつあります。

電化製品はもちろん、ネットショッピングなどの買い物のスタイルも進化し、家事に掛かる時間はどんどん短縮され、誰でも家事をこなしやすい時代となりました。

「家事=主婦」や「子育て=主婦」の方程式は、完全に崩れたのです。

それを証拠に、最近の家電製品のCMは、家事を自然にこなす優しそうな俳優陣が起用されていますね。

現代版プロポーズの言葉って?

「男性が女性を幸せにする」といったニュアンスの、昔のプロポーズはもうおしまい。

今なら、女性を大切に思う気持ちと共に、一緒に幸せになる事を提案するような言葉が、プロポーズには自然なのではないでしょうか。

例えば、「これからもずっと、一緒にいてくれませんか?」とか「共に生きていきませんか?」とか。

とはいえ、今も昔も、「言われて嬉しいプロポーズの言葉」のナンバー1は、やっぱり「結婚してください」です。

「結婚してください」

シンプルで優しい言葉は、女性のハートのど真ん中に浸透し、幸せな気持ちにさせること間違いなしです。

千葉で婚活するなら葵良縁センター千葉