結婚指輪はなぜ左手薬指に??

 

結婚式に欠かせない、結婚指輪の交換。

結婚指輪は、生涯どんな時も共に支え合い、愛情豊かに互いを思いやり、添い遂げる約束をする愛の証です。

 

婚活中の特に女性にとって、左手の薬指に光るリングは憧れでもあるでしょう。

葵良縁センター千葉でご成婚退会なさった殆どの会員様が、結婚指輪を購入されています。

毎日身に着けるものですし、且つ一生ものの買い物ですから、結婚指輪を選ぶデートを楽しみながら、慎重に選んでいるようです。

なぜ結婚指輪は左手薬指にするのでしょうか?

それは古代ギリシャ時代までさかのぼります。

左手の薬指は心臓までつながっていると考えらていたようです。

「心」を意味する心臓に一番近い指に、「永遠」を意味する「リング」をはめることで、結婚の誓いを目に見える形にしたのです。

 

日常の中で、「左手薬指に指輪をしている人」=「既婚者」、といった意味だけではなく、実は神聖な意味が結婚指輪にはあったんですね。

 

他にも、(右利きの場合)左手薬指は日常生活の中であまり使われない指であるため、指輪自体が傷つきにくいから…といった合理的な説もあるようです。

 

ちなみに、日本で夫婦が結婚指輪を取り交わすようになったのは、高度経済成長期頃と言われていますから、まだそれほど長い歴史ではないのですね。

国により右手の薬指にはめることも?

ヨーロッパの一部では、右手の薬指に結婚指輪を着けることもあります。

理由は、キリスト教では右手の薬指が「正義の象徴」といわれ、「この人を一生愛します」という永遠の誓いを意味するのだそうです。

 

文化や宗教、風習により、必ずしも左手薬指に結婚指輪をしなければいけないわけで、他の指にはめる国もあるし、はたまた足の指にはめる国もあります。

 

ただし、はめる指は違えど、結婚指輪は「永遠の愛の証」っていうことは万国共通!

 

 

その左手薬指に、きらりと輝く指輪をはめるまで、婚活頑張りましょうね。

応援しているねっ。

 

千葉で婚活するなら葵良縁センター千葉