ひな祭りです。

多くのご家庭で雛人形が飾られていることと思いますが、お殿様とお姫様を飾る配置にも、実は上座と下座があるんです。

関東では向かって右側がお雛様、関西では向かって左側がお雛様というように、地域によって配置が違うようですが、どちらも間違いではないようです。

ところで、お見合いの時にも上座、下座を意識するのは、男性としてのマナーでもあります。

女性には上座を勧めましょう

お見合いでは、男性が女性をエスコートするという意味で、女性が上座、男性は下座に着席するのがマナーなんです。

上座は、出入り口から遠い方のお席。

もしもお見合いの席が予約されている場合は、男性の方が先に到着して下座に着席するのがスマートでしょう。

出入り口を背にして待ちましょう。

あいさつする時は椅子から立つ

予約席でお待ち合わせの際、どちらか一方が先に到着している場合があります。

着席して待っていても、お見合い相手が現れたら席を立って挨拶るのが当たり前です。和室ではない限り。

座ったまま上目遣いで挨拶したり、ちょっとお尻を浮かしただけの、へっぴり腰な姿勢でする挨拶は、ちょっと格好悪いかな。

なんといっても、お見合いは最初の笑顔が大事。

背筋をすっと伸ばした立ち姿で笑顔でご挨拶するのが、男女とも一番見栄えがいいし、この瞬間の印象が「話しやすい」か否か、お見合い相手に察知され、お見合いの先行きを左右します。

エレベーターでもレディファーストを

お見合い場所が、1階とは限りません。

お見合いが終わったら、一緒にエレベーターを利用して階下に降りるシチュエーションもあるかも。

エレベーターの場合、ボタンの傍が下座にあたります。

エスコートする側、つまり男性が先にエレベーターに乗り、扉を押さえて「開」ボタンを押すのがマナーです。 

こちらも、上座、下座のマナーと同様、婚活だけではなく、社会人として知っておきたいマナーですね。

お客様やお偉い方をもてなす時はもちろん、普段の生活でお年寄りや小さなお子さん、それにパッと目を引く美女さんに、エレベーターの扉を押さえて差し上げたら、その紳士的な仕草に好感を抱かれることでしょう!

ドアも開けてあげましょう

ドアを開けて押さえたまま、女性を先に通すというレディファーストも好感を持たれます。

他にも、一緒に歩くときは道路側を男性が歩いたり、電車のホームでは線路側を男性が歩くとか、とにかくレディファーストな行為を挙げたらキリがありませんが、婚活中はとりあえず次の3点を網羅することを目標にしましょう。

・上座に女性を着席させる

・エレベーターでは男性が下座に位置する

・ドアを押さえて先に通してあげる

マナーは知っているほうが、感じがいい。

婚活頑張ろうねっ!

婚活するなら葵良縁センター千葉